2013年12月08日

石田慎也

CIMG0668.jpg
名前:石田慎也(いしだ しんや)
所属:スポルティーバエンターテイメント
生年月日:1992年10月20日
身長:169cm
体重:77kg
出身地:愛知県名古屋市
デビュー戦:2012年11月4日 Zepp Nagoya vs岩本煌史
得意技:ドロップキック、エルボー、逆エビ固め
入場テーマ:百花繚乱(名古屋おもてなし武将隊)
ブログ:-
twitter:@shinnnyaaaa

スポルティーバ入団後、名古屋ではきわめて珍しい、
岩本煌史(スポルティーバ)とのダブルデビュー戦で
キャリアを始めている。

CIMG0607.jpg
デビュー間もないこともあり、使う技はそれほど多く
ないものの、気迫あふれる戦いを見せ、スポルティーバ
アリーナで行われる興行でメインを務めることも
珍しくはなくなっている。

CIMG1010.jpg
得意技のひとつ、ドロップキック。様々な場面で用いる。

CIMG1220.jpg
CIMG0925.jpg
相手をハーフダウン(長座)にしてのミサイルキックや
走り込んでのドロップキックをフィニッシュに使う
ことも多い。

CIMG0199.jpg
腰へのの攻めに用いることもある。

CIMG0912.jpg
CIMG0970.jpg
ドロップキックやエルボーなどで腰へダメージを蓄積させ、
背負い式バックブリーカーでたたみかける。

CIMG0223.jpg
CIMG0496.jpg
最近は腰攻めからの、逆エビ固めで勝利を狙うことが増えた。

CIMG0215.jpg
得意技のハーフハッチ。腰への攻めに用いたり、後方回転し
フロントネックロック、あるいはもう一発放ったりと、勝負
どころでも多く用いる。

CIMG1245.jpg
岩本煌史とのタッグ「鶴岩石」として、多団体との選手と
戦う機会も増え、さらなる成長が期待される。
posted by LPD ローカルプロレス事典 at 18:04| 選手紹介

マンモス半田

CIMG1095.jpg
名前:マンモス半田(まんもす はんだ)
所属:スポルティーバエンターテイメント
生年月日:1980年9月9日
身長:180cm
体重:100kg
出身地:-
デビュー戦:2004年10月31日 マンモス半田 ミスターMK vs エアロビ仮面エアロイド パラパラくまさん
得意技:チョークスラム、ラリアット、フライングショルダー
入場テーマ:轟けDREAM(「押忍!番長」サウンドトラック)
ブログ:-
twitter:https://twitter.com/mjtmanmo
寸評:「名古屋の珍獣」・「鶴舞天然記念物」などの異名を持つ。
高木三四郎(DDT)いわく、「何もできないということを究極まで突き詰めたレスラー」。

「マッスル」の後楽園ホール大会「マッスル・ハウス2」出場が
知名度向上のきっかけとなった。12ヶ月を英語で言いなさい、と
いう問題に対して

「ジューンブライド ツーブライド スリーブライド」

と予想の斜め上をいく回答を見せ、話題となった。

CIMG0951.jpg
セオリー無視どころか、セオリーの無いスタイルが持ち味。
しかし、何かの拍子で覚醒し、ナチュラルな打たれ強さで凄まじい
試合をすることもある。

CIMG0967.jpg
激しい打撃を食らうと楽しくなってニヤケ顔で殴り合うこともある。
その反面、ダイビングボディプレスを放った際についた腕、延髄斬りを
食らってなぜか後に倒れたため足を骨折するなど、自爆でのケガはある。

何かを狙ってやると、たいてい失敗しコケるが、あまり考えずに
動いた際には、いわゆる「神が降りた」状態になり、その日の
興行で最も目立つ(悪目立ちの場合含む)ことも少なくない。

それが笑いの神か、戦いの神なのか、どちらが降りるかは
まさに神のみぞ知るところ。名古屋の某選手は半田をこう評した。

「“やればできる子”ではなく“やらないほうができる子”」

CIMG0557.jpg
CIMG0962.jpg
澤宗紀(引退)と全国47都道府県を試合して回る「マンモスジャパンツアー」
ではなぜかタイ王国や韓国など海外に足を伸ばした。

CIMG0651.jpg
近年では、プロレスからアイドルファンとしても活動の場を広げている。
posted by LPD ローカルプロレス事典 at 09:05| 選手紹介