2014年04月22日

会場への行き方:枇杷島スポーツセンター(名古屋市)

名古屋市西区にある、枇杷島(びわじま)スポーツセンターへの
行き方を紹介します。

※2014年4月22日時点での駅名です。

▼名鉄 名古屋本線 東枇杷島駅からの場合
CIMG0029.jpg
CIMG0030.jpg
改札を出たら左方向(写真の視点からでは右)に直進します。
標識の示す方向、道なりに進んで行きます。

CIMG0027.jpg
CIMG0026.jpg
直進し、歩道橋の左を通ります。

CIMG0025.jpg
CIMG0024.jpg
公園に隣接する建造物が、枇杷島スポーツセンターです。

▼名鉄 名古屋本線 栄生駅からの場合
CIMG0038.jpg
栄生(さこう)駅からの場合を説明します。
飲食店やコンビニなどは、東枇杷島駅周辺よりも
多くあるので、食料品などの調達は容易です。

CIMG0039.jpg
CIMG0037.jpg
改札を出たら、そのまま直進します。

CIMG0032.jpg
CIMG0033.jpg
歩道橋を渡ります。上ってそのまま直進し、
左折して下り、まっすぐ進むと到着します。

CIMG0023.jpg
金鯱のレリーフが付いている高い建造物は、
市営住宅枇杷島荘です。
写真左側の建物がスポーツセンターです。

▼名古屋市営地下鉄 鶴舞線 浅間町駅からの場合
CIMG0015.jpg
地下鉄 浅間町(せんげんちょう)駅からも行くことは
できますが、徒歩の場合20分以上はかかるので
注意して下さい。

4番出口を出て振り返り(写真ではUターンずみ)ます。

CIMG0016.jpg
CIMG0018.jpg
CIMG0020.jpg
ひたすら直進し、前述の歩道橋を渡ると到着です。

また、名古屋駅からの場合は名古屋市営バスでも
行くことができます。

名駅11、名駅26、名駅29の3系統はいずれも
名古屋駅が始発で、枇杷島スポーツセンターで
降車すれば到着です。

名駅11系統が比較的本数が多く、名駅26/29が
その隙間に入る形で走っているので、名古屋駅
からであれば市バスを使うのが楽かもしれません。

プロレスでは「第2競技場」が使用されることが
多いのですが、本来は柔道や剣道などで用いるため
畳が敷かれている場所があります。

それに伴い土足禁止の場合が多いので、来場前に
履き物が必要かを確認しておくと良いでしょう。

名古屋市教育スポーツ協会 枇杷島スポーツセンター
http://www.nespa.or.jp/shisetsu/biwajima_sc/


posted by LPD ローカルプロレス事典 at 23:03| Comment(0) | 会場への行き方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: